仮想通貨を保管するオススメのウォレットは?種類とメリット・デメリット

取引所で購入した仮想通貨はウォレットに保管します。

ウォレットといってもいくつか種類があり、それぞれメリット・デメリットがあります。

今回は仮想通貨を保管するウォレットについて解説します。

ウォレットの種類

ウォレットはインターネットに接続される「ホットウォレット」とインターネットに接続されない「コールドウォレット」に分けられます。

ホットウォレット

ホットウォレットはインターネットに接続するタイプのウォレットです。ウェブ上につくるサービスやスマートフォンのアプリ、取引所が管理するウォレットなどがあります。

ホットウォレットはインターネット上に保管されているため、デバイスが故障しても仮想通貨自体に影響がなかったり、モバイルウォレットは店舗利用など実用性として有効です。

ただしハッキングの恐れや保管されているサービスの停止や終了などの恐れがあります。

オンラインウォレット(ウェブウォレット)

参考MyEtherWallet など

  • メリット
    すぐに開設できて無料で利用できる
  • デメリット
    ハッキングされる可能性がある

モバイルウォレット

参考Jaxx など

  • メリット
    店舗などでの利用に最適
  • デメリット
    スマホ紛失で仮想通貨も失う可能性がある

取引所のウォレット

  • メリット
    管理がスムーズ
  • デメリット
    ハッキングを受ける可能性がある

コールドウォレット

コールドウォレットはインターネットに接続されないタイプのウォレットです。紙で保管するタイプのペーパーウォレット、パソコンにソフトウェアをダウンロードして保管するタイプのデスクトップウォレット、専用のデバイスに保管するハードウェアウォレットなどがあります。

コールドウォレットはインターネットに接続されていないためハッキングによる盗難の恐れがありません。

ただしパスワードや秘密キーの紛失、デバイス自体の故障や紛失によって仮想通貨が取り出せなくなる恐れがあります。

ペーパーウォレット

参考bitaddress など

  • メリット
    ハッキングなどの恐れがない
  • デメリット
    紙やパスワードの失念・紛失

デスクトップウォレット

参考copay など

  • メリット
    オンライン型よりセキュリティが高い
    取引所破綻による影響がない
  • デメリット
    パソコン故障やウィルス感染の恐れがある
    他のデバイスで利用できない

ハードウェアウォレット

参考trezor など

  • メリット
    ハッキングなどの恐れがない
  • デメリット
    ハードウェアを購入する必要がある
    ハードウェア紛失の恐れがある

おすすめの仮想通貨保管方法

上記でまとめたようにホットウォレット、コールドウォレットにはそれぞれのメリット・デメリットが存在します。

仮想通貨の保管は自己責任なので、どのような保管が自分に適しているか考え保管してみてください。

一般的には、利用する予定がある額のみホットウォレットに保管し、直近で利用する予定がない長期保管の仮想通貨はコールドウォレットが適しているとされています。