二段階認証はGoogle Authenticator!使い方と紛失時、機種変更時のためのバックアップ方法

仮想通貨の取引所口座を開設して必ず設定してほしいのが二段階認証です。

二段階認証の設定方法として、取引所によっても異なりますがアプリ/SMS/メールといった設定方法があります。

中でも多くの取引所が導入しているのがアプリによる二段階認証です。

二段階認証アプリには「Google Authenticator」「Authy」「IIJ SmartKey」といったアプリが有名ですが、「Google Authenticator」をほとんどの取引所が標準アプリとしています。

今回は「Google Authenticator」の使い方や設定方法、さらに携帯電話を紛失してしまった場合や機種変更したい場合などに知っておきたいバックアップ方法について解説します。

Google Authenticatorのダウンロード

Google Authenticatorはスマートフォン向けのアプリなのでiPhoneまたはAndroidでそれぞれストアにアクセスしてダウンロード・インストールします。もちろんiPhone/Androidともに無料です。

参考 Google AuthenticatoriTunes 参考 Google AuthenticatorGoogle Play

Google Authenticatorの使い方

Google Authenticatorはバーコードをスキャンして追加する方法と手動でキーを入力して追加する方法があります。

バーコードをスキャンして追加する

バーコードをスキャンして追加する場合は

  1. 右上の「+」をクリックします
  2. 「バーコードをスキャン」をクリックします

カメラが起動します。

緑の枠線に収まるように取引所の二段階認証設定のQRコードを読み込みます

すると6桁の数字(認証コード)が表示されます。

複数ある場合は、新しいものが一番下に追加されます。

認証コードの欄に6桁の数字を入力して有効化すれば完了です。

パソコンの場合は、アプリの認証コードを確認してキーボードで入力しますが、スマートフォンの場合は認証コードをタップするとコピーされるので便利です。

取引所によって若干表現が異なりますが基本的に同じ要領で対応可能です。

手動でキーを入力して追加する

手動でキー入力に対応していない取引所が多いのでバーコードのスキャンによる追加が一般的ですが、取引所によってはキー入力によって追加することも可能です。

図のように「キー」が二段階設定画面に表示されているか確認しておきましょう。

手動でキーを入力して追加する場合は

  1. 右上の「+」をクリックします
  2. 「手動で入力」をクリックします

入力フォームが表示されるので

  1. 取引所のアカウント名(メールアドレス等)を入力します。
  2. キーを入力します。

あとは同様に追加された認証コードを入力して完了です。

紛失時、機種変更時のためのバックアップ方法

携帯電話を紛失してしまった場合や機種変更したい場合、iTunesのバックアップで復元してもGoogle Authenticatorのアプリはインストールできても各認証コードまでは復元できないのです。

そのため事前にQRコードやキーを保存しておくのです。

画像ファイルやpdf化、印刷するなどして二段階認証設定ページをバックアップしておきましょう。

すでに二段階認証設定していて保存できていない場合は、いったん管理画面にログインして二段階認証を解除して、再度設定するとQRコードやキーを再表示できますのでバックアップしてから再設定おくことをおすすめします。

バックアップしていない場合の対処方法

バーコードやキーをバックアップしておかなかった場合、二段階認証を解除することは基本的にできません。

取引所によって対処方法は異なりますが、問い合わせから本人確認を行って取引所側で解除してもらう場合が多いようです。

例えばコインチェックでは本人確認のため

  • お名前フルネーム
  • ご登録の携帯電話番号
  • IDセルフィー画像

を提出する必要があります。

国内の取引所であれば比較的スムーズに対応してもらえますが、海外の取引所では手続きが複雑だったり時間がかかったりと大変なので、紛失や破損によっていつアプリが使用できなくなっても対応できるようバックアップをとっておいたほうがよいでしょう。